貯蓄・節約術

貯蓄・節約術

ガス料金を節約して家計を楽にするためには?

公開日:2016.08.13
facebookでシェア twitterでつぶやく
ガス料金を節約して家計を楽にするためには?
もうすぐ開始されるガス自由化。 ガス料金を上手に節約して賢く家計の負担を減らしましょう。 どの家庭も光熱費を抑えるのに試行錯誤していますが、本当に節約できているでしょうか。 実は間違った節約法を実践している方も多くいらっしゃいます。 ここでは正しい家庭で簡単にできる節約法を紹介していきます。 お風呂やキッチン別のガス代を様々な方法で節約し、ガス自由化を前にして賢く家計を楽にしましょう。

 

家族みんなが毎日使うお風呂は、ガス料金の中でかなりの割合を占めています。お風呂のガス代を節約するだけで、かなり全体として金額を抑えることができますので、努力してみましょう。
まずおすすめなのは、追い焚き回数を減らすことです。家族の人数が多ければそれぞれお風呂に入りたい時間も異なりますが、できるだけ続けて入るようにしましょう。さらに、保温シートを浮かべるようにすれば温度が下がりにくくなり、追い焚き回数が減らせます。
浴槽に水をはって大量のお湯を沸かすよりも、シャワーのほうがガス代の節約になるのでは、と考える方もいらっしゃいますが、家族で暮らしている方は、一人ひとりがシャワーを使うよりも浴槽にお湯を張ったほうがガス代の節約になります。シャワーを使ってはいけないわけではありませんが、なるべくシャワーの時間は短めにして、体は浴槽のお湯を使って洗うことをおすすめします。

 

キッチンのガス代を節約するためには?

 

毎日家でご飯を作っている方は特に、キッチンのガスを節約することでガス料金をかなり減らすことができます。
料理をするときは、コンロを弱火から強火まで調整して使いますが、早く作りたいからと強火にするのは、ガス料金の節約になりません。お鍋から炎がはみ出している状態でははみ出した分が無駄なエネルギーとなるため、ガスの無駄遣いです。炎が鍋の底からはみ出ないように、中火程度に抑えるのが最も燃費の良い調理方法です。
野菜を使うときは、下処理として茹でる場合があります。まずはお湯で野菜をゆでてから今度は炒める、というかたちで料理を続けていると、合計2回ガスを使うことになります。しかし、ここで下茹での部分をレンジで行えば、時短になる上、ガスの使用が一回で済みます。ガス料金を節約するときには、うまくレンジを組み合わせるようにしてください。

 

ガス自由化を前にして料金を節約する方法とは?

 

2017年からはガス自由化が始まります。消費者が自由に契約する会社を選べますので、料金プランも様々なものが出てくるだろうことが予想されています。
すでに多くの会社がガス自由化に向けて乗り出しているのですが、ガスの専門業者だけでなく携帯電話や電気会社などいろいろな企業がガス自由化に向けて動いています。ガス料金を下げるためには、料金の中でもセットプランをチェックすることがおすすめです。携帯電話の会社と契約をすれば、携帯電話の料金とガス料金をセットで安くすることも出来ますし、同じく自由化が進められる電気を提供している会社のセットプランを利用すれば光熱費をかなり下げることができます。多くの企業が名乗りを上げており、様々なセットプランが提案されるため、自分たちの暮らしに合う会社を選んでガスの契約をするようにしましょう。

 

06ガス料金を節約

facebookでシェア twitterでつぶやく