• HOME
  • ガス料金
  • ガス料金に関わる色々な事業者のセット割引

ガス料金

ガス料金

ガス料金に関わる色々な事業者のセット割引

公開日:2017.02.24
facebookでシェア twitterでつぶやく
ガス料金に関わる色々な事業者のセット割引
2017年4月より、ガスの小売り自由化が解禁されます。様々な事業者がガス事業へ新規参入する事が予想されていますが、既存事業者からのガス使用乗り換えの顧客獲得の為に、色々な魅力的な料金プランを展開する所が多いです。代表的なのがセット割引で、月々の割引率の高いインフラ関連の料金と特に相性が良い料金プランです。

 

現在、一般家庭も含む都市ガスの小口契約者は、既存の事業者による自動的な利用契約となっていますが2017年4月より小売り自由化がスタートします。
ガス事業に、他の事業者も新規参入できる他、契約者も毎月使用するガスの契約を、既存事業者だけでなく新規事業者も含んだガス事業者から自由に選択する事ができるようになります。
その為、新規事業者は今後どれだけ既存事業者から契約者を新規獲得できるかに焦点が集まっています。
新規事業者が契約者を増やす為には、既存の事業者よりも使用料が安い、など魅力的な戦略を講じる事が多いですが、消費者から見て魅力的な料金プランを設定するのも有効的な方法です。

 

インフラ関連とのセット割引

 

既存事業者よりも新規事業者が強みを持っている部分というのは、「他の事業を既に展開している」という点です。
今ガス事業への新規参入を表明している事業者は、電気事業者や通信事業者などインフラ関連から、コンビニやスーパーなど小売事業者、ガソリンや石油、灯油などのエネルギー関連事業者などです。
新規事業者は、今既にサービスを提供している事業の分野において、ガス料金とセットにする事で、両方の利用料金が割引になる「セット割引」を展開する所が多くなると予想されています。
例えば、新規事業者の内電気事業者なら、電気とガスの使用契約を両方同じ事業者でまとめる事によって、電気とガスの月々の使用料金が両方とも割引になる、といった料金プランです。
他にも、圭太院電話料金とのセット、インターネットのプロバイダ料金とのセットなど、特にインフラ関連事業者とセット割引の相性が良いです。

 

セット割引の色々なメリット

 

新規事業者にガス利用契約の乗り換えを行い、セット割引を行う事により、どんなメリットがあるのかを見てみましょう。
一つは家計面です。
二つ、もしくは三つの複数のインフラ料金が割引になりますので、一つ一つを見ると割引は小さいかもしれませんが、割引対象全てを見ると、家計にとって大きな節約に繋がります。
また、月々必ず発生する料金の為、一年・十年サイクルで見ると大きな割引となります。
もう一つが手続きの面です。
結婚や引っ越しなどで住所や氏名などの契約内容が変更になった場合でも、今までは電気なら電力事業者、ガスならガス事業者とバラバラに手続きをする必要がありましたが、セット割引なら電気・ガスの両方の手続きを一度に済ませる事が可能になります。
手間が省けるだけでなく、手続き漏れの防止にも繋がります。

 

06ガス料金に関わる色々

facebookでシェア twitterでつぶやく