ガス料金

ガス料金

企業にとってのガス料金の変化と利用

公開日:2016.01.21
facebookでシェア twitterでつぶやく
企業にとってのガス料金の変化と利用
企業がその活動を行うためには、エネルギー供給が不可欠です。そのエネルギーの自由化が電気、ガス共に始まるとなると、経費削減の観点からも情報収集が必要です。火力の強いガスは生産活動には最適ですし、料金の安さも魅力です。ただしガス料金が安いからと全面的に頼るのではなく、電気とのバランスを取ることも大事でしょう。

企業活動とエネルギー供給

たくさんの従業員を抱えている企業は、必然的に社屋や工場などの規模も大きくなります。それらの建物内では灯りをはじめとして、さまざまな機械や電気製品を動かすための電力が必要です。企業としては、こうした電力をしっかりと安定供給してもらうことは、会社としての生産活動をするにあたっての大前提です。

 

家庭における電力供給と同じで、企業活動が行われる会社という場所においても、電力の供給源は電気とガスの二本立てだと思われます。そのため経費削減を念頭に置きつつ、電気とガスのどちらにより多くの比重をかけるかを検討しているのではないでしょうか。

 

これまでも折に触れて電気とガスの利用の比重を変えてきたかもしれませんが、これからはもっと検討すべきことになります。2016年4月に始まる電力自由化と、遅れること1年の2017年に始まるガス自由化が大きな理由です。

電気料金とガス料金の比較

電気とガスはどちらが安いかという議論に加えて、どちらがより使いやすいかという議論もよくなされます。火力の強さや設備の導入、電力供給されたときの使いやすさなど、さまざまな面から比較検討されることになりますが、答えははっきり出ないことが多いでしょう。

 

人によって電気がよかったり、ガスが気に入ったりといろいろだからです。どちらかといえば家庭では電気の方が安心、安全で使いやすいというイメージがあるのではないでしょうか。けれども企業に供給されるエネルギーについて言えば、火力の強いガスが使われているケースも多いように思われます。

 

また、たくさんのエネルギー源を必要とすることから言っても、値段の安さからガスが選択されていることが多いのではという気もします。そうなると企業経営において今後、ガス料金と電気料金の間でどれだけの金額差が生まれるかについて、自由化が始まる前に調べておく必要があるでしょう。

バランスの良さと経費削減

会社が滞りなく活動を続けていくためには、エネルギー供給が途切れることはなんとしても避けなければなりません。そのため、仮にガス自由化によってガスが安く使えることになり、ガス料金が大幅に節約できるとしても、ガス単体にするのはリスクがあります。そこでガスと電気をバランスよく使いながら、掛ける比重割合を常に考えていくことが大事になって来るでしょう。

 

ガスが安定供給されている間は安いガス料金の割合を増やす、値上がりして来れば電気へというシフトを自由自在に行えることが、自由化によって受けられる恩恵だと考えられます。

facebookでシェア twitterでつぶやく