省エネ・節電

省エネ・節電

節電グッズの利用と大幅な省エネの実現

公開日:2016.01.13
facebookでシェア twitterでつぶやく
節電グッズの利用と大幅な省エネの実現
面倒でない節電への取り組みには、便利なグッズを使うことが長続きする秘訣です。その上でさらに電力使用を抑えたいと考えるのであれば、省エネ家電を使うのが効果的です。その際には電気を使うかガスを使うかという選択肢がうまれてくるのが、2017年までに電気・ガスの両方で行われる自由化であるのは確実です。

昔と今の家電製品

家庭にしても職場にしても、電力を使わずに過ごすことなどできない世の中になりました。40代以上の世代から見ると、子どものころは今よりも電気を使う割合は少なかったように思われますが、当時の家電製品は今よりも多くの電力を必要としていたでしょう。それを考えると使う家電製品は多くなったとはいえ、今の家電製品は総じて省エネになっていますから、むしろ家電の種類は増えたものの、昔に比べると使ってはいても節電して使えているのかもしれません。

 

節電をするために便利なグッズもたくさん登場していますので、それらを上手に使うことで、よりいっそう少ない電力でたくさんの家電製品を動かすことが可能になると考えられます。

 

節電グッズ

グッズを使って節電を試みる場合、使わない家電製品はコンセントから抜くという方法で待機電力の消費分を減らすことができます。けれどもいちいち抜き差しするのは面倒というのも本音のところで、そんなときはタップスイッチ付きの延長コードが便利です。一度に2~6ものコンセントを差し込んでおけますが、必要な時に必要な分だけ通電するようにスイッチを入れますので、一本の延長コードで一気にたくさんの電気を使うということは少ないでしょう。

 

数を多く使うなら、電気の使用容量が少ないものをたくさんの口数のタップスイッチに集め、多くの電気を使う家電製品を動かす場合は少ない口数のものに差し込んでおくのがベターです。そうやっておけば、使いたいときにスイッチをぱちんと入れるだけで済みますので、待機電力を減らすための労力を最小限にとどめてくれる便利なグッズです。

 

ガスを使う家電製品

節電を便利グッズで行ったなら、省エネはもう少し大きな規模で行うとよいでしょう。2017年には電気に続いてガスが自由化されますから、ガスが安く使えるようになった時にはガスを使う家電製品を検討してみると、一気に省エネになるかもしれません。今までは電気ストーブにしていたのをガスファンヒーターに替えるなどすれば、電気代よりもガス代の方が安くなり、光熱費が下がったということも起こりうるでしょう。

 

電力も自由化されますので安くなる可能性がありますが、ガスも同じく自由化されて安くなるとなれば、両者を比較して家電製品を使い分けるのが節電につながります。ガスにした方が省エネになるとなれば、ガス自由化によって今よりもっとガスを使う家電製品とそのためのグッズが増えてくるのではないかと思われます。

facebookでシェア twitterでつぶやく