省エネ・節電

省エネ・節電

省エネや節電とガスが結びつく日

公開日:2016.01.13
facebookでシェア twitterでつぶやく
省エネや節電とガスが結びつく日
省エネや節電というと電気を連想する人が多いと思われ、ガスは蚊帳の外といった感じがします。けれども電気を作りだしているエネルギー資源の多くはガスであるため、もっと根本的なエネルギー資源の部分から省エネについて考え、節電に取り組むべきでしょう。その機会が来年、再来年と続けてやってきますので、大いに考える時間が取れそうです。

電力への意識

毎日の生活の中で、できるだけエネルギーを大切に使おうという意識を持つことは、エネルギー資源の限られた日本という国に住む我々には必要な事だと考えます。絶対安全と言われ、クリーンで安価なエネルギーであると思っていた原子力発電にさまざまな問題が噴出することになった未曾有の大震災から後、多くの人たちがエネルギーを作ることとその使用の仕方について、改めて考えたと思います。

 

その結果、太陽光を利用した自然エネルギーの利用を促進すべきだという結論に行きつき、太陽光発電システムを自宅に取り付けた人もいれば、古くなって電気をたくさん必要とする家電製品を、少しの電気で済む省エネ家電に買い替えた人も多くいます。ただし、太陽光発電システム導入はまだまだ費用が高いために誰もができる訳ではないことから、省エネ家電への買い替えで節電を試みる人が圧倒的多数でしょう。けれども大勢の人が同時に取り組んだことによって、大幅に節電が可能になったのは事実です。

 

節電と結びつくもの

ただし、太陽光発電システムにしても家電製品の買い替えにしても、どちらも電気を念頭に置いての行動です。たいていの家では電気とガスの両方を使って電力を得ていると思われますが、ガスを念頭に置いて節電という発想のつながりは、あまりなかったでしょう。節電といえば電気、省エネと言ってもまた電気で、ガスはなんだか原子力発電所の事故と無縁のように思えます。

 

けれども、火力発電によって作り出される電気のエネルギーの多くはガスを原料としていることから、電気を大切に使うことがもともとの資源を大切にすること、すなわち節電につながるということをもっと世の中に広く知ってもらう必要があるでしょう。

 

ガスが持っている可能性

2017年からは、電力自由化から遅れること1年、ガス自由化が始まります。
これで電力同様に値段の安いところを選んで自由に買えるようになりますし、まったく関係のない事業者から買うことも可能になります。2016年4月、電力自由化が開始されるのに際して、どこから電気を買おうかと悩むのと同じことが1年後にもまたやってくるわけですが、あらかじめ知っていればどのような契約の仕方がもっとも省エネにつながるか、どちらの場合でも考えられます。

 

とりわけ1年後に始まることのメリットに、電力のときの情報収集が教訓として活かされることが挙げられますから、エネルギーをより大切に使うために省エネにする方法はないか、模索する時間がそれだけ余分に取れるということになります。

facebookでシェア twitterでつぶやく