• HOME
  • ガス自由化とは

ガス自由化とはガス自由化とは

2016年4月の「電力自由化」に続いて、2017年4月には「ガス自由化」が行われることが予定されています。
 都市ガス業界も電力業界と同じく長らく「地域独占」「総括原価方式」「製造導管小売一体」で運営されてきました。都市ガス業界の場合はプロバンガス業者という強力なライバルもいるので電力業界ほど顕著ではないものの、やはり他業種が参入しにくく消費者の選択肢は限定的なものであり続けました。2017年4月に行われる「ガス自由化」では電力自由化と同様に、こうした旧来のルールは撤回されることで他業種の会社が多数参入し、ガス業界の景色は一変することが見込まれます。

 この影響はガス業界にとどまらず、電力業界のあり方にも大きく影響を与えます。というのも国内の都市ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)の取扱高は、実はガス業界よりも電力業界の方が多いからです。例えば国内最大手の東京電力は東京ガスの2倍近いLNGを取り扱っています。ガス業界が主として都市ガスを消費者に提供するためにLNGを利用しているのに対して、電力業界は火力発電の燃料としてLNGを利用しています。元の原料は一緒なわけですから、お互いの業界への参入は容易なのですが、これまではガス業界と電力業界は“お互いの業界を荒らさない”という暗黙の約束で住み分けをしてきました。

 しかし2016年4月の電力自由化によりガス業界が本格的に電力業界に攻め込むようになり、2017年4月のガス自由化によって今度は電力業界が本格的にガス業界に攻め込むことになりそうです。このように2017年4月の「ガス自由化」はガス業界と電力業界の一体化、いわゆる「総合エネルギー産業化」にむけての重要な一歩となります。これにより私たちの生活にどのような影響が出るでしょうか?
 まず考えられることはこれまで別々に考えられた「電力サービス」と「ガスサービス」が一体的に提供されるようになるということです。すでに先行して電力業界への参入を始めたガス業界が「電力・ガスセット割」というものを小規模ながら始めていますが、今後はこのようなことは当たり前になっていくでしょう。電力もガスも元はLNGという同じものが形を変えた商品ですから、それが合理的です。他方で消費者もセット割に安住せずに、“賢く”電力・ガスを購入していくことが求められます。例えばLNG価格が高騰した際に原子力発電が稼働した場合、ガス会社のガス料金は高騰する一方、電力会社の提供するガスサービスはそれほど値段が上がらない、などといった状況が生まれることになるかもしれません。「電力自由化」に続く「ガス自由化」により、消費者は損をしないためには、電力業界とガス業界を俯瞰した目線を持つことが求められるようになるのです。
  • ガスと電力の自由化比較
    ガスと電力の自由化比較
    2016.06.16
    2016年、2017年と二年連続で二大エネルギーで自由化がスタートします。 二つの自由化には共通点、相違点があり、両エネルギーにはそれぞれメリット、デメリットが存在します。 知識を深め、賢くエネル...
  • ガス利用に対する補助金
    ガス利用に対する補助金
    2016.06.10
    ガス給湯器にはこれまでよりも効率のよい熱変換率を実現し、なおかつ二酸化炭素の排出量が少ない省エネタイプができたことから、地球温暖化防止にも役立つエコロジーなエネルギーであるガスの利用割合を増やす機会で...
  • ガスはこれまで通り工場から送られます
    ガスはこれまで通り工場から送られます
    2016.06.08
    ガスの供給元を自由に選べるようになるガス自由化が始まったとしても、エネルギー転換への作業は、これまで通り工場で行われることになります。専門技術と特殊な環境が求められるだけに、新規参入事業者が簡単にでき...
  • ガスと省エネ法の関連性とその内容
    ガスと省エネ法の関連性とその内容
    2016.06.06
    家庭やさまざまな施設で使われているエネルギーの多くは電力ですが、実はガスは非常に熱変換率が高く、二酸化炭素の排出量も少ないエコなエネルギーです。ガス自由化が始まるにあたって多くの人がこのことに気づけば...
  • 自由化でも競争環境が異なる電力会社とガス会社
    自由化でも競争環境が異なる電力会社とガス会社
    2016.06.05
    電力自由化に続いてガス自由化がスタートしますが、地域独占だった電力会社に比べ、都市ガス会社は地域独占といっても数が多く、プロパンガス会社という競争相手が存在していました。 自由化の時期が異なるため、...
  • ガス自由化におけるガス管の利用
    ガス自由化におけるガス管の利用
    2016.06.04
    新規参入事業者は、ガス自由化にあたって新たにガス管を敷く工事をすることはできないとガス事業法によって定められています。ガス供給の事業に新しく参入するにはガス会社といかに自社のサービスを連携させるかが焦...
  • ガス自由化にあたってのガス工事
    ガス自由化にあたってのガス工事
    2016.06.03
    電力自由化にあたって、新たに電力工事を必要としなかったのと同様に、ガス自由化においても日本全国にある既存のガス管を使ってガス供給を行うものとしますので、新たなガス工事をする必要はありません。面倒な工事...
  • ガス自由化で新規参入を促進するための法的分離という手段
    ガス自由化で新規参入を促進するための法的分離という手段
    2016.06.02
    ガス自由化のもとでは既存のガス管網を新規参入する事業者が利用できます。 ガス管網を都市ガス会社から法的分離し、国が取り決めた利用料を支払えば、設備投資なしで新規参入ができるため、新規参入が容易となり...
  • ガス事業法に定められることと自由化による改革
    ガス事業法に定められることと自由化による改革
    2016.06.01
    現行のガス事業法では地域独占的に小口需要家に対してガスを供給する事業や、大口需要家専門で供給する事業、ガス導管の維持管理をしながら卸売りや小口小売もする事業などの類型に分かれています。 ガス自由化で...
  • ガス事業における同時同量制度と今後
    ガス事業における同時同量制度と今後
    2016.05.31
    ガス事業法では導管へ供給するガスの量と受け入れる量がほぼ等しくなければならないとする同時同量制度が定められています。 もっとも、ガス自由化により複数の小売事業者がガス導管を利用することになるため、同...