ガス自由化とは

ガス自由化とは

訪問販売など、ガス自由化に便乗した詐欺に注意しよう

公開日:2017.02.06
facebookでシェア twitterでつぶやく
訪問販売など、ガス自由化に便乗した詐欺に注意しよう
ガス自由化が開始されますが、電力自由化、マイナンバー制度など新しいシステムが導入される時には必ずといって良いほどそれに便乗した詐欺が横行します。 ガスの自由化開始時が一番発生率が高くなる、ガス自由化に便乗した詐欺を撃退する為に、訪問販売には身分証明書の提示を求めるなどして、自衛する必要があります。

 

電力自由化やマイナンバー制度導入など、近年では私達の生活の中に色々な新しい取り組みが行われるようになりました。
また、2017年4月にはガス自由化も決定しています。
電力自由化と合わせて、電気やガスの利用料金が安くなったり、他の付帯サービスが受けられたりなど、メリットや良い影響もたくさん期待されています。
けれども、新しい取り組みが生まれるたびに、残念ながらその裏には詐欺商法が実在しています。
以前の電気自由化が決定した時にも、それに便乗して詐欺商法に会ったというケースが多数報告されています。
具体的には「今より電気代が5割安くなる」などの甘い言葉で電話や訪問販売などで持ち掛け、高額な契約料をだまし取る、などの手口になっています。
今後のガス自由化開始の際にも、便乗した詐欺手口の横行が懸念されています。

 

高齢者が狙われている

 

詐欺商法のターゲットとなりやすいのが、高齢者です。
電気・ガスの自由化だけでなく、オレオレ詐欺や還付金詐欺など、色々な詐欺の手口に引っかかってしまうのは高齢者、しかも一人暮らしをしている方が特に多いです。
家族と同居の場合には、電話や訪問販売も他の家族が受けたり、高齢者一人の判断で勝手に契約する事は事前に防げる事も多いですが、独居の場合には自分ひとりで判断しなければいけないので、より詐欺に引っかかりやすくなってしまいます。
今後、ガス自由化が開始した直後が、特にガスの自由化に便乗した詐欺商法が増える可能性が一番高い為、詐欺を撃退する為の対策を考えておく必要があります。

 

正しい情報を手に入れるようにしよう

 

身近に高齢者がいる方は、詐欺の可能性などを示唆して、必ず高齢者の方に正しい情報を得る様に、疑わしいと思った時にはすぐに家族や警察に連絡できる体制を整えておくようにしましょう。
また、高齢者だけでなく騙されてしまう、という可能性もあります。
誰でも「今よりもガス料金が安くなる」という言葉は魅力的に感じてしまいます。
もしも、ガス事業者を名乗る訪問販売員が着た時には、身分証明書の提示を求めるなどしましょう。
また、「ガス設備の点検をしたい」など、身元の分からないガス業者を不用意に自宅に上げない様にする事も大切です。
高齢者も含めて「行政の指導で」と、行政が絡んだ業務である事を言われた時には、騙されそうになってしまいがちです。
けれども、「行政のどの部門か」などをしっかり聞くなどして、必ず自衛をして詐欺商法に引っかからないようにしましょう。

 

16訪問販売など、ガス自由

facebookでシェア twitterでつぶやく