• HOME
  • エコ
  • エコで地球に明るい未来を目指す

エコ

エコ

エコで地球に明るい未来を目指す

公開日:2016.01.21
facebookでシェア twitterでつぶやく
エコで地球に明るい未来を目指す
近年、省エネがさかんに取り組まれるようになってきています。それに伴い電気やガスでも自由化と言う考え方が出てきています。これにより、従来の地域に根付いた電気会社ではなく電気を扱う一般企業から選ぶことが出来るようになります。そして、電力とガスの自由化によって、 セット割引などが期待できて光熱費の削減が実現します。

エコとは何を意味するのか

エコは「エコロジー」と言う言葉が省略された表現のことで、直接的な意味は生物学の分野のことですが、環境問題を考える時などで使われています。また、地球にやさしいという意味でもよく用いられている言葉です。産業革命以降、世界レベルでの経済発展がすっかり進み、近年は大気汚染やといった自然環境の破壊が深刻になってきました。特に地球温暖化が進行しつつあり、環境問題をテーマにしたテレビの番組などが企画されるようになりました。

なぜ省エネが叫ばれるのか

省エネは省エネルギーを意味しますが、従来の使われていたエネルギーよりも少なくすることで、大気汚染を抑える効果が期待できるのです。例えば、社会レベルでの大きな単位では公共や商業などの大型施設から出される二酸化炭素の排出を抑えることなどです。私たちの身近な生活の暮らしの中では、生活家電が挙げられます。

 

多くの電機メーカーなどでは省エネ節電の取り組みが盛んにおこなわれています。そのため、生活家電は昔よりもはるかに省エネ節電になっています。現在もその流れは続いており、どの電機メーカーも省エネ家電の開発が進んでいます。例えば、エアコンにおいては、最新タイプとなると従来よりも電気料金が二分の一以下で済みます。

 

最近注目されたのがLEDです。従来の白熱球と比べると電気代は十分の一で済みます。
また、白熱球の次に登場した蛍光灯よりも使い勝手が良く、寒い地域でも安定して使うことが出来るのです。さらに電気代がかかるイメージの強い冷蔵庫や洗濯機も、驚くほど省エネ節電の仕様で作られています。このように、生活家電では大きな省エネ効果がもたらされているのです。

電力とガスの自由化について

省エネと同じように電気代を削減する動きが見られます。それは電力自由化という考え方です。電力自由化とは、従来の地域型の企業からではなく自分で電気を供給する会社を選ぶことができるという方法で、既に工場などを持つ企業では取り入れられており、大きなコスト削減効果を得ています。

 

家庭でも電力自由化が取り入れられるようになり、自分で電力会社を選び、光熱費を安く抑えられたり、節約できる可能性がでてくるのです。同様にして、ガス自由化も導入される予定です。ガス自由化には、電力を供給する会社から両方を契約することが出来るのです。

 

これは、ガスエネルギーは電力に変換することが出来るからです。そのため、電気とガスを同一会社から供給することが可能で、セット割引などが期待できます。

facebookでシェア twitterでつぶやく