• HOME
  • エコ
  • 新たな経済発展が見込める自由化とエコへの取り組み

エコ

エコ

新たな経済発展が見込める自由化とエコへの取り組み

公開日:2016.01.21
facebookでシェア twitterでつぶやく
新たな経済発展が見込める自由化とエコへの取り組み
経済活動が活発に行われると、どうしてもエネルギー資源の消費が多くなり、環境に悪い影響を与える二酸化炭素の排出量が多くなります。そのことも含めて電力とガスの自由化は、エネルギーをどのように供給してもらうかを考える良い機会です。エコという視点から考えたエネルギー供給という選択肢も生まれるので、経済に与える影響も変わってくるでしょう。

電力とガスの自由化

2016年4月から一般家庭において電力自由化が始まり、遅れること1年経った2017年にはガス自由化も始まることが決定しています。これによってエネルギー資源の供給先を自由に選択する権利が国民に与えられることになり、これまでの地域にある電力、ガス会社からのみ供給というスタイルが完全になくなります。

 

日本全国の電力及びガス会社と契約ができるようになることから、もっとも安い料金で供給しているところを選ぶことができる上に、異業種の新規参入も多くなると考えられています。

 

電気とガスの料金が直接安くならなくても、たとえば通信費が安くなったり、買い物が安くできたりといったメリットが生じることになるわけです。これこそが自由化のメリットであり、今後の経済活動にも大きな影響を及ぼしてくるでしょう。

大きな市場規模

電力においては7兆円を超え、ガスにおいては2兆円を超える市場規模があるとされている自由化を目の前にして、異業種だからと言って指をくわえてみている訳にはいかないというのが、資本主義経済の企業の考えです。電気とガスにリンクさせて自社のサービスを売り込む、絶好の機会なのです。これは消費者にとってもメリットのある事で、安くエネルギーを供給してもらえることでお金が浮くのは確実です。

 

さらにエコに関心がある人なら、自然エネルギーをたくさん取り入れて発電している所から買うという選択肢もとれるかもしれません。料金云々ではなくてどのように作られたエネルギーなのかを知って、あえてエコなエネルギーを買うという選択もできるようになるでしょう。

エコという視点

経済活動が活発になれば、どうしてもエネルギー資源を多く必要としますから、現状では火力発電に頼る日本においては二酸化炭素の排出量が増えて地球環境にダメージを与えます。一方で太陽光発電をはじめとする自然エネルギーへの投資もまた、経済を動かす伸びしろのある分野ですから、エコと経済が両立する可能性を秘めています。

 

ガスは比較的エコなエネルギーとされていますから、今後は2兆円を超える市場規模とされているところが、そのエコさが見直されてさらに増えていくことも考えられるでしょう。地球環境を考えつつも、日々動くお金の動きをストップさせることがないようにすることが大事です。

 

活発に動けば動くほど世の中は明るくなっていきますから、電力とガスの自由化がそのきっかけになれば、多くの人にとって理解しやすいと思われます。

facebookでシェア twitterでつぶやく