コラム

コラム

天然ガスの将来性

公開日:2016.01.21
facebookでシェア twitterでつぶやく
天然ガスの将来性
天然ガスは、日本の約半数の人が都市ガスとして利用しています。 かつては毒性が持っていましたが、現在は毒性が取り除かれ、安全なガスとして普及しています。 そもそも天然ガスとはどういった性質のものでしょうか。 ガス自由化に備えることはもちろん、安全のためにもガスの性質をしっかりと知っておきましょう。

政府の規制が解除されました

政府による規制状態が解除され、一般企業による自由化が認められたガス。電気供給の自由化についでおこなわれたこの改革は多くの人から注目を集めました。商取引が自由化されれば企業間の間で価格競争が巻き起こり、我々一般家庭が受諾するガスの料金を引き下げることができます。ところで一口に「ガス」といってもそこには2つの種類があるのをご存知ですしょうか。

 

今回政府が販売を自由化したガスのことを「都市ガス」と呼びます。天然ガスなどと呼ばれるガスもこの都市ガスのことを指し、今後利用の増加が期待されています。今回はこの都市ガスについての紹介していきたいと思います。この都市ガスがどのような性質を持ち、どのような経路で我々の元に届くのかをぜひ知っておくようにしてください。

ガスの種類について

先ほども申し上げたように、ガスには2つの種類があります。これまでに政府から規制を受けて販売されていたのが都市ガス、これまでも一般企業が自由に販売を許されていたのがLPガスとよばれる種類のガスです。都市ガスは海外から輸入してきたものを利用しており、日本国内では発見されていません。

 

海外に依存しているものの一つであり、値段も情勢によっていくらか変化がおこります。メタンやエタンなど、質量の軽い物質で構成されており、実用性は非常に高いです。かつての都市ガスは主成分にCOガスが含まれおり毒性が高かったのですが、現在の天然ガスに変わってからは毒性が取り除かれ、しっかりとした安全性の元実用化されています。

天然ガスってどんなもの?

現在の天然ガスの主成分はエタン、プロパン、ブタンガスです。ガス用器具は、使われるガスの種類によって専用のものがあるため、ご家庭で使われているガスがどのようなガスで、自分が使っているガス用器具がどのガスに対応しているのか、しっかりと把握しておくようにしておきましょう。

 

これをしっかりと把握しておかなければ、器具の故障や火事といった思わぬ事態を引き起こすことになりかねません。また、現在天然ガスの供給は政府による固定料金プランで行われています。しかし今後ガス販売が自由化が実施された場合、天然ガスの販売プランにも様々なバリエーションがうまれるでしょう。

 

消費者はこれらの中でどのプランが自分に適しているのかを知るためのリテラシーを磨く必要がります。自分にあったガスの料金プランを選ぶために、また、メリットのないガスプランの契約をしなくてすむようにするためにも、最低限のガスに関する知識を身に付けるようにしておいてください。

facebookでシェア twitterでつぶやく